お台所の薬箱 AtoZ かぼちゃ

   

かぼちゃの収穫ピークは夏なのです

なんとなく、秋がシーズンのように思えますが、実はかぼちゃの収穫のピークは夏なのです。
まあ、種類にもよりますけどね。

収穫直後よりも、貯蔵したものの方が甘みが増して美味しいそうです。

冬至にかぼちゃを食べるのは、野菜が不足しがちなその時期まで貯蔵して食べることができ、また、カロティンやビタミンも豊富なため、風邪の予防にもなるという理由です。

しかし、貯蔵が効くと言っても、1年中ある訳ではなく、春先には日本のかぼちゃはほとんど姿を消します。

この時期見かけるのは、海外のものが多く、初夏くらいから、だんだんと日本でできるかぼちゃは北上していき、関東での収穫は夏にピークを迎えます。

かぼちゃは腎臓の働きを強化する作用が・・・

カロティンやビタミンが豊富なので、粘膜を丈夫にして、風邪の予防にもなりますが、腎臓の働きを助けてくれる作用もあります。

腎臓の働きが悪いとむくみやすかったり、糖尿病の原因になったりもしますが、かぼちゃは利尿作用があり、穏やかにからだの機能を調えてくれると昔から言われています。

だからと言って、かぼちゃのケーキや甘く煮たかぼちゃではその効果は期待できず、あずきとかぼちゃを塩で煮たものや、昆布と一緒に煮て、塩で調えたものが、その効果を発揮してくれるようですね。

マクロビオティックのお手当にも通じる、料理です。

画像 5038

美味しいかぼちゃはシンプルに使ってこそ、味が生きます!

体質改善のためのお料理には、お菓子は向きませんが、健康な方は、かぼちゃの甘みとうまみを生かしたマクロビスイーツはいかがでしょうか?

美味しいかぼちゃは、それだけで食べても十分なうまみがあり、お菓子の材料としても、とても魅力的です。

自然な甘みを生かして、甘味料を少なくしても、十分食べごたえがありますよ。
画像 4662

ねっとりとしたかぼちゃのケーキ。かぼちゃ好きにはたまりません!

ほとんどかぼちゃ!

マクロビオティックのお菓子なので、バターや生クリーム、卵、お砂糖を使いませんが、かぼちゃ好きの方には、かぼちゃの風味そのままで、きっと気に入ってもらえると思います。

 

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 - AtoZ 食料編 , , , , , , , ,