自然界が教えてくれるサイン

   

日常には、あらゆるサインが溢れているらしい

私が会社を辞めて、マクロビオティック料理家としてあゆみ始めた頃。

日常に、ふとしたサインを感じるようになりました。

ある年の春先、蝶々の時期としては早い揚羽蝶を見かけたことがありました。

孵化したばかりだったのか、少し飛び方が弱く、ふらふらとしていて、指を差し出したら止まってくれました。

そこで、そっと近くの枝にとまらせてあげました。
それが、写真の揚羽蝶です。

揚羽蝶、とはご縁があり、私の名前も揚こと書いてようこと読みます。

うちの家紋も揚羽。

ちょっと気になって調べて見ると、それにはある知らせがあるようでした。

サナギから蝶へ、それは・・・?

蝶は喜びや祝福を意味し、生まれ変わる、新しい何かが始まること。なにかしらの変容のサインを知らせてくれているようです。

その頃、私は料理の仕事もしていましたが、介護の仕事もしていました。

まだ料理家としての仕事がそれほどなくて、実質は介護の仕事の方が多かったです。

でも、その年の4月に出産された方からのご依頼で、産後の食事を作りに行くことになり、一時的に介護の仕事を休職していました。

当初は産後2ヶ月の予定でしたので、その仕事が終わったら、また介護の仕事に復職する予定でしたが、その後も料理の仕事が増えてきたこともあり、結局は介護の仕事に戻ることはなく、完全に料理家の仕事だけに絞ることになりましたので、揚羽蝶はそのことを知らせにきたのかもしれませんね。

その当時は揚羽蝶がそのことを教えにきた、なんて思いもしませんでしたし、今にして思えば、そのサインだったのかな?という感じです。。。

さらに蝶よりも大きな変容が?

先日は、今年始めてのトンボを見かけました。
出張料理教室の日で、私は食材をキャリーに入れて引いて歩いていると、トンボが近くに寄ってきました。

捕まえられそうなくらい近くに寄ってきたので、試しに立ち止まると、私のキャリーに止まります。

そのままキャリーを引っ張って再び歩き始めても、離れることもなく、訪問先の御宅の前までくると、トンボは飛んでいきました。

TOMBO

トンボは蝶よりも大きな変容を意味するようです。

なぜなら、トンボは水中に卵を産み、トンボとなって始めて地上にあらわれるので、変容も蝶よりも大きいんですね。

そして、トンボは一度にたくさんの卵を産むので、出産や豊穣を意味する場合もあるとのこと。

この年で出産はあり得ませんが・・・(笑)

仕事を始めて変わったこと

会社を辞めて、マクロビオティックの料理の仕事を始めて変わったこと。

組織の中で働くのを辞めて知る、一人で歩んでいくことの心地よさと厳しさ。

でも、組織を離れるともう、誰かが作ったレールに乗ることが嫌だったんだと気がつきました。

時にはそのレールに乗った方が楽なのに、自分が知らないうちに、その選択肢を選ばなくなっている。

それは理屈ではなく、自分の確固たる意思というわけでもなく、自然の流れが、リズムがそうさせているようです。

自然に寄り添って生きるのが一番だと思っているので、変化、変容も自然に任せて受け止めるようになったのが、一番変わったことかな。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 - macrobioticslife