あなたは長命寺派?道明寺派?

   

桜餅は大きく分けて2種類あります

幼い頃は、桜餅といえば、クレープタイプのもので、いわゆる道明寺の桜餅は関東では主流ではありませんでした。
そして、関東で主流の桜餅が長命寺と言われることも、知りませんでした。

長命寺VS道明寺

長命寺は、関東風の桜餅のこと。

小麦粉などの生地を薄く焼いて、餡を巻いたものです。

ルーツは1717年、隅田川沿いにある、長命寺にあります。

桜の落ち葉掃除に悩まされて、桜の葉を塩漬けにして、薄い皮に餡を包んだものに、塩漬けの桜の葉を巻いて売り出したところ、当時の江戸で大ヒットしたとのこと。

一方、道明寺は、関西風の桜餅と言われています。

道明寺粉とは、もち米を蒸して乾燥させ、粗挽きしたものです。

大阪の道明寺で保存食として作られたのがルーツのようです。

この道明寺粉で皮を作り、餡を包み、それを桜の葉の塩漬けで包んだものが’関西風の桜餅と言われています。

桜餅分布図

 

ご覧の通り、桜餅といえば、圧倒的に道明寺タイプが占めております!
東京で生まれ育った私などは、この結果に軽くびっくりです!

そして、その他の1.7%も気になります(笑)

 

 

桜の葉っぱは食べる?食べない?

桜餅の独特な香りは、桜の葉を塩漬けにすることによって生まれます。

生の葉っぱや、お花からは香りませんが、葉っぱを塩漬けにすることにより、クマリンという芳香成分が生じます。

葉っぱで包むことで、お菓子に香りが移りますので、一緒に食べるか食べないかは、それぞれお好みによって、ということになりますが、長命寺タイプの桜餅で、葉っぱを2〜3枚使っているものは、香りを皮に移しているので、葉っぱは外して食べるのがおすすめだとか。

ちなみに、葉脈が浮き出ている側が裏。桜餅は裏側を外側に見えるように包むようです。

ちなみに、このクマリン、抗菌効果もあるようです。

桜の葉っぱを塩漬けにすることで、クマリンという芳香成分が生じて、あの独特な香りを楽しむことと同時に、桜餅の乾燥を防ぎ、抗菌としての効果もあるなんて、正に一石三鳥ですね!

季節を愛でる、日本の文化

現在、桜餅に使われている桜の葉っぱは、ほとんどが、伊豆半島の「松崎町」のものだそうです。
オオシマザクラという、人の背丈よりも低い桜を栽培しています。

葉っぱが出てくる、5月に摘み取り、樽の中で塩漬けにされます。
巨大な樽の中で、半年ほど塩漬けさせた後で、真空パッック詰めして、各地に販売されています。

オオシマザクラを使用されているのは、葉っぱが大きいことと、他の桜の葉っぱよりも、塩漬けすることで生じる「クマリン」芳香物質がより多く出ることが理由だそうです。

桜の季節の前、新年明けて2月くらいから桜餅は店頭に出始めます。

季節感を大切にする日本の食文化は、1年前から準備が必要なのです。

食べようと思えば、一年中食べることができる桜餅ですが、時期は2月から遅くても5月まで。

季節を愛でる、素晴らしい日本の食文化、ここにあり、ですね。

 

LINE@始めました!よろしければご登録ください。
友だち追加

 

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 

 

 - macrobioticslife , , , , , , , ,