お料理上手が寿命を縮める?

   

お料理上手が陥る罠・・・

素敵なご馳走、毎日続くとどうなるの?

ブログやフェイスブックでもお料理の写真が沢山アップされ、料理サイトでは人気レシピの投稿が盛んですね。

みなさんとても料理上手で、しかもテーブルセッティングもとても凝っています。
すごいですね~。。。

でも、それって本当に体にとって必要なんですか?

ごちそうを作ること、凝った料理を出す事、沢山食べてもらうことって、本当にいい事なんでしょうか?

水を差すようで申し訳ないのですが、普段の食事は質素で十分です。

ごちそうを出すことがステキなこと。
料理上手はいい奥さん、いいお母さん、ステキな女性。

それは正しいけど、ある意味正しくないです。

特に夜は食べて寝るだけなので、そんなごちそうをいつも食べていたら、体が休まらず、疲れてしまいますよ。

現代人はとかく食べ過ぎる傾向にあり、良く言われる腹八分目でもまだ多いと言われています。
腹六分目でもいいくらい。

手抜き、とい言われそうですけど、それがご家族の健康を保つ毎日のお食事です。

主食、お味噌汁、副菜、漬け物
これで十分です。

メインディッシュをあえて作る必要もないと思います。

これが体にいい、という情報もたくさんあふれていて、言われるように全部食べきれませんよ〜。

季節のものを腹八分め、よく噛んで食べる。

これが一番大切なことです。

マクロビであっても、ビーガンであっても、なんでも、毎日がご馳走は体が疲れちゃいます。

 - 食が命をすくう , , ,